八幡屋日記

茨城県下妻市で 八幡屋という宴会場を経営しています。 お店の紹介 毎日着物で生活しているので着物にまつわる話 大好きなデジタル物の事など 思いつくままに書いてみます。

LPレコード盤からiTunes 終わった時代のこと

独身の頃お給料を貰うと

毎月欲しいLPレコードを買った

大きいレコード盤は二枚買うと結構な重さだった

一枚3000円くらいしたので

買うのは毎月せいぜい二枚くらいにしておいた

女の人は服を買ったり美容院や化粧品やらでお金はいくらあっても足りない

本も沢山買いたかったので、新しいレコードを繰り返し聞いた

LPレコードはプラスチックの丸い円盤にある溝に

針を滑らせて音を出す

針をレコードに載せるときしくじると、その部分にキズが出来て針が飛ぶ

気に入っている曲ほど良く聴くのでキズが出来てしまう。

そうなったら、我慢して聞くか買い直すしか無い

 

LPレコードは今思い返しても随分大きかった

本のような厚みは無いけれど

毎月の様に買い集めているとたちまち場所塞ぎになる

それでもLPレコードがCDに移った時

きっと皆寂しく感じたと思う

CDはデジタルだからキズは付かない

けれどLPレコードのジャケットの楽しみは無くなってしまった

このLPのジャケットの楽しみを今の時代の人達に理解出来るだろうか?

LPからCDになってiTunesでは

音楽も本も映画も物体が無くても楽しめるようになった

小さな端末で何もかも視聴出来る

LPで買った事のあるアルバムをiTunesで購入すると

LPジャケットと同じ画像が端末に表示される

そうだ、この写真だった

アルバムの内容を識別するためのアイコンなので

懐かしいとは思うけれど嬉しくは無い

そのうち手の中のこの端末さえ無くなるかも知れない

その頃は何がどう変わってもさして驚かないだろうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yahataya-k:20171125220009j:plain