八幡屋日記

茨城県下妻市で 八幡屋という宴会場を経営しています。 お店の紹介 毎日着物で生活しているので着物にまつわる話 大好きなデジタル物の事など 思いつくままに書いてみます。

OTTOのpizza種類が増えました

Otto pizza

美味しい

種類が沢山

安い

テイクアウトOK

宜しくお願いします。

 

f:id:yahataya-k:20171206192326j:plain

会議室・スクリーン・プロジェクター

スクリーン・プロジェクターは

各1000円計2000円(消費税別)です。

会議室使用料は1部屋1時間7500円(消費税別)

ご利用の際には前もって予約していただき

再生が可能かどうかDVDなど事前にお持ちいただけると安心です。

会議室使用料は、会議の後お一人2000円(消費税別)以上のお食事をしていただけると2時間無料になります。

宜しくお願い致します。

 

 

 

f:id:yahataya-k:20171206133707p:plain

f:id:yahataya-k:20171206134707p:plain

VUITTON バッグではなく、服でもなく手帳を愛する

あらゆる手帳の中で

何故VUITTONを、こよなく愛するのか

デザインへの愛着心

モノグラムは日本の家紋をイメージしているという

なるほど納得です

どおりで着物にもよく似合いますよね

手触りも好き

一枚の革で仕立ててあるので為無駄な厚みが無い

見かけの割りに軽い

リングが大きくゴールドで

レフィルをたっぷり収納出来る

無造作に扱っても痛みにくい

理想の恋人のような・・・

 

それでも周期的に他の手帳が欲しくなる

f:id:yahataya-k:20171205224221j:plain

やっぱり重たいので

スケジュール帳、雑記帳

すべて一冊でという企みも虚しく

あっという間に重さに負けた私は

 

(ちょっと思いついたことを書くのに

いちいち重たい手帳を広げるのは馬鹿らしいと

ようやっと気が付く)

 

それを口実に雑記帳専用にと

VUITTON A5サイズのノートカバーも注文

公式サイトでは売り切れのため

他でも新品は見つからず

中古で状態の良い物を見つけました。

定価とさほど変わらない金額です

ただ、予期せずノートも同梱されていて

嬉しい私ですが

これを使い切ると2冊目はもう販売されていなくて

入手出来そうに無いし

雑記帳にするには1万円なりのノートは

流石の私でも勿体ないと思い

手持ちのA5サイズのノートをセットして

さあ、やっと来年の手帳は準備万端相整いました。

 

美しいVUITTONのノートには

何を書こうかな?

f:id:yahataya-k:20171205223321j:plain

ノートの縁が金色♥

f:id:yahataya-k:20171205223331j:plain

ノートも付いてきました嬉しい

f:id:yahataya-k:20171205223340j:plain

ノートのロゴが素敵

f:id:yahataya-k:20171205223347j:plain

VUITTONシステム手帳レフィルも注文

システム手帳のカバーのみ購入の予定が

レフィルフルセットを注文してしまいました。

銀色の縁が美しい

カリカリした書き心地もたまりません

必要な物のみセットのつもりでしたが

どれも必要な気がして

気が済むまでこのまま使います。

f:id:yahataya-k:20171205222529j:plain

f:id:yahataya-k:20171205222619j:plain

バスの送迎のこと

今日も問い合わせの電話で聞かれました。

バスで迎えに来て

帰りも送ってくれるの?

 

私は笑いながら

もちろんですとお答えします

お客様も

当たり前のことを聞いちゃってと笑っていらっしゃいました。

ですが、これは決して珍しい問い合わせで無く

よく聞かれることなんです。

 

バスでお迎えに行き帰りももちろんお送りします。

途中で下ろしてとか

お迎えに行った場所とは違う場所に行くこともあります。

 

お迎えは無しで二次会のお店まで送ってと言われることもあります。

 

法要の後の御食事会などは

ご自宅にお迎えに行き、お寺に行き

その後お墓にも行きます。

 

10名に満たなくてもお迎えに参りますので

どうぞ宜しくお願い致します。

f:id:yahataya-k:20171205213553j:plain

f:id:yahataya-k:20171205213645j:plain

猫も杓子もちゃん付け文化

「今日てっちゃんがね・・」

と長男が小学生だった頃話し始めたので

「てっちゃんって誰?」と聞き返した

「担任の中島哲夫先生だよ。」

「中島先生と言わなきゃ駄目じゃない。」

と言う私に

「えっ?何で?みんなてっちゃんて呼んでるよ。」

結構衝撃でしたが我が家の息子達は学校生活に恵まれました。

「何で夏休みなんか有るんだろう?

早く学校に行きたいよ。」

学校が楽しくてお友達が大好きで先生方は面白い

学校が大嫌いだった私には嬉しい驚きでした。

 

結婚して生井家に入った私は

誰も彼もちゃん付けで呼ぶので驚いた

私は義姉も令子ちゃんと呼ぶ

たまに間違えてお母さんとよんでしまう

夫はお客様ともちゃん付けで呼び合う

議員さんでも仲の良い人にはちゃん付けの人もいる

夫の従兄弟達は私のことを呼び捨てだ

「おーっ佳子」って言うかんじ

でも全然嫌な気はしない。

なんだか可愛い

 

よく自分の子供をちゃん付けで呼ぶなんてという書き込みを見かけます

確かにごもっとも正しい意見だとは思います。

けれど私はこの土地のちゃん付け文化が気に入ってます。

今でも、

あっちゃん

ゆーちゃん

しゅんちゃんです

(もちろんTPOはわきまえています。)

可愛いです。

 

 

 

 

f:id:yahataya-k:20171205203510j:plain