八幡屋日記

茨城県下妻市で 八幡屋という宴会場を経営しています。 お店の紹介 毎日着物で生活しているので着物にまつわる話 大好きなデジタル物の事など 思いつくままに書いてみます。

久々の大入り満員

本日八幡屋は久々の大入り満員

お部屋が足りず一組はOTTOで宴会をしていただきました。

総勢420名様ありがとうございました。

 

下妻一高同窓会で名札を見てびっくり致しました。

卒業アルバムの写真入りですよ

42年ぶりで顔が分からないから、とのこと

なるほどgoodideaですね。

 

駐車場が足りなくなるため

バスをご利用頂きました事も本当に感謝致します。

またの御来店をお待ち申しあげております

これからも宜しくお願い致します。

f:id:yahataya-k:20171008222143j:plain

f:id:yahataya-k:20171008222207j:plain

 

 

f:id:yahataya-k:20171008221918j:plain

f:id:yahataya-k:20171008221955j:plain

f:id:yahataya-k:20171008222022j:plain

 

下妻市子育てハンドブックに八幡屋・OTTOの宣伝を載せて頂きました。

下妻市子育てハンドブックが出来てきました

 

母子手帳と一緒に配布するそうです。

赤ちゃんが産まれたら何をすれば良いのか?

手続きからワクチン

医療機関

幼稚園保育園

小中学校

相談機関

お出かけ・遊び場

 

子育てに必要な情報が盛りだくさん

 

私も子育ての頃こんなのが欲しかったな・・・

 

幡屋にベビーベッドが6つ有ること

授乳室も4部屋有ること

OTTOの情報も載せて貰いました

OTTOには10名くらいの個室も有ります。

赤ちゃんのために禁煙室としてもご利用頂けます。

 

幡屋OTTO共々、宜しくお願い致します。

f:id:yahataya-k:20171003100853j:plain

f:id:yahataya-k:20171003100913j:plain

f:id:yahataya-k:20171003100932j:plain

OTTOの個室10名くらいまでご利用頂けます。

f:id:yahataya-k:20171003101005j:plain

長襦袢襟の付け替え

夏が終わり着物は今の時期単衣を着ます

ですが、まだ暑い日長襦袢は夏用を着ています。

(私は洗濯出来る化繊の物を主に利用しています。)

ただ、襟は夏用から冬用に取り替えます。

冬が終わりまた単衣の頃

袷の時期でも暑い日は、こっそり夏用の長襦袢を着るので

夏用の襟の上に冬用のを縫い付けておきます。

そして、夏になるとそれを外して

夏用の襟で過ごします。

 

夏用の足袋も薄汚れてくるので

洗濯石鹸にハイドロハイターを混ぜて

煮沸します。

 

嘘のように真っ白になるので

嬉しくてタオルなどもその後煮沸します。

 

間抜けな私はよせば良いのに

煮沸している鍋の中を菜箸でかき混ぜます。

(かき混ぜるともっと汚れが落ちるような気がするので)

かき混ぜた勢いで熱湯が飛び出て

必ず火傷をします

何故かお腹の右側に火傷をします。

3ヶ月前の火傷の跡がまだ少し残っています。

 

次の休みの日には、きっと着物のお手入れをしようと思いつつ

気が付くともう袷の季節になっていたりします。

 

あ〜めんどくさいようと思っても

そんな事少しも思っていないような顔で

いつもお店に出かけて行きます。

 

(そう思っているのは自分だけで

めんどくさそうな顔をしているかも知れませんね

ごめんなさい。)

 

 

 

 

 

f:id:yahataya-k:20170928104634j:plain

f:id:yahataya-k:20170928104655j:plain

f:id:yahataya-k:20170928104724j:plain

f:id:yahataya-k:20170928104750j:plain

着物を着ていて偉いからとご褒美を頂いた話

その年配の女性は恐らく九十歳くらい

小さな可愛いおばあさまで

車椅子を利用されています

*時頃行くから玄関までお迎えに来ておくれと

必ず事前にお電話をくださいます。

玄関で送ってきてくださった方の車から車椅子に乗り換えて

お部屋までお送りします。

ほんの少しの時間ですがお話をします。

「あんた可愛い顔をしているね。」

「本当に可愛い顔だ。」

「着物が似合うね。」

「着物は自分んで着るのかい?」

「着物を着ていて偉いからご褒美をあげよう。

五千円あげてもいいんだけど

今日は二千円だ。」

 

五千円と二千円の違いは何だろう?と思いながら

ありがたく頂戴して

いつもはアルバイトの人達にお茶菓子など買うのですが、

2回も可愛いと言われて嬉しかったので

帯揚げを買う時の足しにしました。

 

f:id:yahataya-k:20170925200348j:plain

朝から震え上がった話

朝のワイドショーを見ていて

珍しく私は震え上がってしまった

インターネットを利用していると

見なくても良い情報が

これでもかと毎日流れてくるし

大抵のことには驚かなくなっていたのに

今朝は恐ろしさの余りゾッとしてしまった

脚がガクガク震えてしまった。

 

映像は核シェルター

大人8名は収容出来ますという

地面にマンホールの蓋状の扉があり

硬いんですよねと言いながら開ける

 

入り口と内部の

あまりの狭さに見ていて呼吸困難になりそう

生きながら葬られているみたいな

 

私は閉所恐怖症なのです

飛行機のトイレも怖いくらい

 

核戦争が起きても

核シェルターのお世話にはなれないな

おとなしく、なるようになるしかない

 

あんな所に入るくらいなら

肉体は助かっても精神が・・・・

それに核シェルターから出た後

人々は生きられるのか?

 

嫌なことはさっさと忘れて今日も仕事をしよう。

f:id:yahataya-k:20170924170241j:plain

単衣の着物

台風が行ったらもう涼しくなるのかな?

単衣の着物では寒いくらいだったので

そんな風に話していたら

今日の茨城は最高気温34度の予想

9月は毎度の事ながら気温の変化が激しい

 

着物を揃え始めた頃

呉服屋さんで

これは単衣に仕立ててねと言うと

袷がいいんじゃないの?勿体ないと

毎回言われて

どういう意味だろう?

袷はもう沢山持っているから単衣でいいんですと答えていたのですが

単衣の着物を着る期間は本当に僅かだという事を実感する

暑くもなく寒くも無い丁度良い季節というのは

あっという間に終わってしまうんですね

 

それでも夏の終わり

冬の終わりになると

私は単衣の着物をどれくらい持っていたかしら?と

不安になるんです。

 

だから着物を管理するデータを整理しなくてはと

毎回思うのですが

後回しにするので今年も出来上がらずにいます。

 

f:id:yahataya-k:20170918134056j:plain

f:id:yahataya-k:20170918134116j:plain

f:id:yahataya-k:20170918134137j:plain

 

今年もdoTERRA社のアロマ製品を頂きました

今年もdoTERRA社の溜まったPoint

お気に入りのアロマ製品を沢山頂きました。

 

今朝のテレビの情報だと

人生100年越えの時代になっていくらしい

ということはまだ私も半世紀近く生きるかも

 

想像以上に長生きしてしまった時のために

少し思考を変えていかないといけないかもしれないと

寝ぼけた頭が急に覚醒した感じになりました。

 

あと2〜30年と思うのと

50年近く生きるかもとでは

意味合いが大きく違ってきます

 

もう今更遅いかもという考え方を止めて

せっせと美容と健康の為に

地道に努力して

時にはマッサージとかで他人様の手も借りて

これからもお洒落や

色んな事を楽しもう

 

何をするにしても健康が一番

f:id:yahataya-k:20170916201819j:plain

f:id:yahataya-k:20170916201931j:plain

この頃切実にそう思います。