八幡屋徒然なるままに

茨城県下妻市で 八幡屋という宴会場を経営しています。 お店の紹介 毎日着物で生活しているので着物にまつわる話 大好きなデジタル物の事など 思いつくままに書いてみます。

カレンダー デジタル VS 手帳

何度も挫折を繰り返した

デジタルによるスケジュール管理でしたが

 

パソコンの師匠伊藤さんに相談すると

 

お薦めはiCloudカレンダーだよ

Google カレンダーはパソコン画面から

いちいちGoogle カレンダーを開く必要があるから面倒だけど

iCloudカレンダーは入力にストレスを感じないし

直ぐにカレンダーを開けると教えて貰った

 

私はA5サイズのシステム手帳に八幡屋の予定を書き込んで使用している

これはプライベートな時間をいかに有効に使えるか

空き時間を把握するためのものであり

予定ごとに逆算してするべき事を計画するためのものであったが

手帳が大きすぎたのでお店に置きっぱなしにする事が増え

意味の無い作業になってしまった

iPhoneは身体の一部だから決して置き去りにする事は無い

だから、やっぱりスケジュール管理はデジタルにするべき

それにデジタルのカレンダーに予定を入力すれば

どの端末からも、同じ情報を見ることが出来る。

 

そんなわけで、この頃はもっぱら立ち上げてあるパソコンで

カレンダーに予約が入る度入力しています。

こんなことをする時間があるくらい

お店が暇になったのかと不安にもなるのですが

今のところ快適なのでしばらく続けてみようと思います。

 

息子達ともデータ共有の設定をしたのですが

お母さん、来週月曜日歯医者の予約入れて良いかな?の電話がかかってくる

どうしたことか???

 

まだまだ私のデータ入力は信用が無いらしい

トホホ(´-`).。oO(・・・・・・・・・)

 

#カレンダー

#データ入力

#手帳VSデジタル

#A5

#バイブル

#ミニ6穴

#VUITTON大好き

 

 

欲しくて買ったけれど大きすぎて持ち歩けない

3サイズ揃えたけれど、もっぱら持ち歩くのは

一番小さな手帳

VUITTON大好き

f:id:yahataya-k:20180402205304j:plain

f:id:yahataya-k:20180402205346j:plain

f:id:yahataya-k:20180402205414j:plain

歓迎会・送別会シーズン

 

3月4月は歓送迎会シーズンです。

毎日のように退職されたお客様が花束を抱えて玄関から見送られ

お店から出て行かれます。

頻繁にお店を利用して下さっていたお客様から

「退職したら、もう八幡屋に来る機会が無くなっちゃうよ。」と言われると

次はいつお顔を見ることが出来るのかなと寂しくなります。

 

私達自営業に定年はありません

定年退職出来る人達を羨ましく思う気持ちも有りますが

逆に考えれば退職時期を自分で決められるというのは良い事なのかも知れません

同じ自営業で一回り年上の先輩に、早く仕事を辞めてのんびりしたいと言うと

何言ってるのよ佳子ちゃん、まだまだよ私を見なさいと叱られました。

 

そして何年か前に私の子供達がお世話になった先生の退職祝いの時

「良いですね、私なんか後何年働くのか解らない。」と言うと

まだ自分は子供が小さいからもっと働いていたかったんですよと言われ

定年退職イコール自由な時間と脳天気に考えていた私は

働きたくても定年になると退職しなくてはならない人達もいらっしゃるのだから

仕事が有ることに感謝しなくてはと思いました。

 

いつか子供達にお店の事を任せることが出来る様になったら

私は何がしたいか時々考えます。

 

思いつくのは日がな一日、本を読む

映画を見る

縫い物をする

たっぷり時間をかけて料理を作る

持ち物の整理整頓

何もせずぼんやりする

(すべて家の中で出来る事ばかりなのが悲しい)

 

あまり大した事は思いつかないので、

老後の楽しみはもう少し後にとっておきましょう。

 

送別会では、退職される方のために上座を設けることがあります

和室でも上座を用意する事が出来ます

昨日は、お部屋に入るなり、この上座いいね〜と喜んで頂きました。

 

幡屋で用意出来る事は

バスの送迎

花束の手配、

写真屋さんの手配

記念写真撮影用のお部屋の用意

宴会の始めに写真撮影をして、お帰りになるまでに

プリントして届けて貰う事も出来ます。

 

5月は田植え時期で宴会場は寂しい時期です

御弁当や御寿司、オードブルの宅配も致しますので

田植え後のお食事にいかがでしょうか?

ご注文お待ちしております。

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

f:id:yahataya-k:20180402142752j:plain

f:id:yahataya-k:20180402142818j:plain

f:id:yahataya-k:20180402142836j:plain

和室の上座

f:id:yahataya-k:20180402142921j:plain

f:id:yahataya-k:20180402142950j:plain

2階奥に写真撮影用の部屋があります。60名以下でご利用頂けます。

f:id:yahataya-k:20180402143018j:plain

壁側は段になっています。

f:id:yahataya-k:20180402143047j:plain

f:id:yahataya-k:20180402143111j:plain

滝の間梅の間二部屋使用

法事 和室 椅子テーブル 向かい合わせ3列 

 

もうすぐ法事のお客様46名様到着という状態のお部屋の写真です。

通常お席は向かい合わせ2列でご用意致しますが

人数が多い場合、部屋の大きさによっては3列にした方が

ゆったりお使い頂けるので今回は3列にさせて頂きました。

本日は法事

同窓会

組合の総会

スポーツ少年団など

いろいろなお集まりにご利用いだだきました。

 

3月4月は歓送迎会、総会のシーズンですね。

平日は洋間を会議室としてもご利用頂けます

洋間で会議の後、別室で宴会など

テーブルの配置など御希望に応じて準備させて頂きます。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

f:id:yahataya-k:20180324210236j:plain

f:id:yahataya-k:20180324210331j:plain

f:id:yahataya-k:20180324210404j:plain

f:id:yahataya-k:20180324210430j:plain

f:id:yahataya-k:20180324210456j:plain

f:id:yahataya-k:20180324210525j:plain

f:id:yahataya-k:20180324210548j:plain

ビーズアクセサリー

ひところビーズアクセサリーにハマって

時間を見つけては、材料を買いに行きました。

雅子様がご自分で作られたスワロフスキーネックレスは

2005年頃、雑誌にお写真と作り方が載っていて

私も憧れて説明書通りの材料を買い集めました。

作り方は簡単だけど流石にスワロフスキーの輝きと

雅子様らしい気品の有るデザイン

私にとっては、ただのビーズアクセサリーなどではなく

子供達の学校の授業参観のように

きちんとした場所で身につけたい物の一つでした。

最近は、あまりビーズを身につけなくなり

ネックレススタンドにぶら下げたままでしたが

洗剤液を薄めカラカラと水洗いしてみたら

こんなにキラキラだったっけ?と思うくらい少しも褪せていません

同じ頃作ったネックレスは金属の部分が錆びたり

ビーズが曇ったように感じるのです。

他のネックレスはバラして別な物に作り替えようと考えていますが

このネックレスだけは、またこのまま使うのが楽しみになりました。

 

 

f:id:yahataya-k:20180318190413j:plain

f:id:yahataya-k:20180318190436j:plain

f:id:yahataya-k:20180318190447j:plain

ビーズアクセサリーは、ビーズをどう並べるのか考えるのが楽しい。

f:id:yahataya-k:20180318190500j:plain

夫の趣味

私達夫婦に共通の趣味はありませんが、

お互い映画鑑賞と細かい手作業が好きで

夫はプラモデル作り、私はニードルワークが楽しみです

この手の趣味の弊害はガラクタがやたらに増えること

これは何かに使えるかもと、あらゆる物が捨てられなくなる

私はすり切れた着物やリボン、布の端切れ綺麗な紐等

夫のは何だか意味不明な細かい物を見つけては、しげしげと眺め

これは○○に良いなと言いながら大事そうに採っておく

車の部品作りに使うらしい

 

夫は去年脳梗塞を患い動脈瘤の手術を受け

退院後好きだったプラモデル作りをリハビリの為に再開した

バイクが上手く出来上がったので上機嫌

私が写真に撮ると嬉しそうに昔作ったミニクーパーも持ってきて

写真に撮る?と聞くので撮ってあげました

よほど大切な物らしく、向きを変えるため触ろうとすると怒られる

このミニクーパーは20年以上前、実際家にあったのと

何もかも同じに作られているので懐かしい

お母さんは子供を乗せて病院に行った帰り段差に登って

マフラーを落として来たよねなどと余計なことを言い出す

シートベルトをしていなかったから警察に捕まった事もあったよねと

長男が言うけれど私は覚えていない

 

夫は大変器用なので何を作っても見事な出来映えだけど

私の作る物は不器用なのであまり綺麗に仕上がらない

作るのが楽しいんだから良いんですよね

とはいえ、もう随分長いこと私は縫い物をしていない

 

 

 

 

 

 

f:id:yahataya-k:20180315110556j:plain

f:id:yahataya-k:20180315110644j:plain

f:id:yahataya-k:20180315110716j:plain

f:id:yahataya-k:20180315110843j:plain

f:id:yahataya-k:20180315110904j:plain

f:id:yahataya-k:20180315110924j:plain

f:id:yahataya-k:20180315110945j:plain

f:id:yahataya-k:20180315111003j:plain

 

着物の着付け一発勝負

3月11日は震災の日でした

 

私は震災のあった年から着物を着始めました

震災の少し前から金子屋さんに着付けを習いに行き始め

震災のあった日以降、着物を着る雰囲気ではないからしばらくやめておいた方が良いかもと言われ、また金子屋さんに通い出したのは震災から半年位過ぎてのことでした

 

生井さんは早く着られるようになる事が先決だからといって

普通は着物のたたみ方などから覚えて行くそうですが

ひたすら早く着ることに専念して週1回通い3ヶ月くらいで

今日から着物でお店に行きなさいよ

毎日着ることが一番の練習だからねということで

その日以降7年間ほとんど着物で仕事をしています

 

着物を着始めたとき

明日はすんなり着物を着れるだろうか?と毎日不安でした。

帯がだらけたり、帯締めが帯から飛び出したり

気が付くと大変な事になっているので

一日中着物の着崩れの事が気になっていたものです

それでも毎朝私は時間ギリギリで着物を着始めます

着物の着付けは一発勝負やり直さないと決めているからです

納得がいくまで着なおしていたら、いつまで経ってもお店に行けません

それでもかれこれ7年が経ち

2000回以上は着物を着ました

1000回くらい着た頃、やっとうまく着れるようになったような気になったものですが

今思うとまだまだでした

そして今も、まだまだと感じています。

 

いつも着物をゆったり着ているところが良いわねと言われますが

当の本人としては至ってきちっと着るつもりで頑張るのですが

結果はゆったりになっているというわけです。

 

この間着付けに6時間かかっちゃった汗だくになったと言った人がいました

名古屋帯と思って買っておいた帯が袋だったことが原因だそうです。

朝寝坊した日、私はお化粧して髪を結って着付けを終えるまでを

20分でやった事があります

仕上がりはともかく20分あれば出来ない事は無いんだなと思いつつ

普段は朝ドラを見ながら30分〜40分くらいかけて支度をします

もう若くないのですから、あくせく日々を過ごしたくありません

 

着物を着始めたのは震災の年だから7年前、八幡屋の仕事を始めたのは

着物を着始める3年前からだから10年前

これが大雑把な私の八幡屋での歴史です。

 

 

 

 

f:id:yahataya-k:20180313125132p:plain

f:id:yahataya-k:20180313125258j:plain

f:id:yahataya-k:20180313125316p:plain

予約トラブルどうしたら回避できるのか?

予約を頂いていたけれど

お客様が来店されなかったという被害

私が八幡屋に入って10年間、2回目の出来事です

(ただ、お客様の勘違いと親切心で起きたことなので責める気持ちはありません)

 

後から思い返すと、いくつかあれ?変だなと思う事は有りました。

 

前日に、明日は予定通り15名で宜しくねと確認のお電話を頂き

バスのお迎えは頼まれていませんでしたが、念の為にお聞きすると

大丈夫よ運転手さんに迎え先の地図を書いて渡してあるからというお返事

バスのお迎え先の事を私が把握していないのはあり得ないので

息子達に聞いてみても知らないという

変だね、誰に地図を渡して下さったんだろう?

たとえ誰に渡してくれたとしても

私に地図を受け取ったことを知らせてくれないはずは無い

申し訳ありませんがもう一度私にも場所を教えて頂けますか?と言うと

え?また説明するの?と言いつつも丁寧に教えて下さる

ああそうだ、この場所は大分前に他の宴会にいらしたお客様から

一緒にストリートビューで確認したんだった

何年か前同じ会の宴会でお迎えに行った場所でした

 

大分前に他の宴会にいらしたお客様から

○月○日の○○会宜しくね

と言われるも予約帳には見当たらず

大変!ぼけたのかな?、記入漏れかもと思い

ゴメンナサイもう一度予約内容の詳細を伺ってもよろしいでしょうか?と

一通りお聞きして迎え場所も一緒にストリートビューで確認したことがありました。

ただ、その時にはバスを利用されるかどうかは後ほど連絡頂けるという事でした

 

明日は宜しくね5000円のお料理を15名ね

バスは6時にお願いしたとおりね

何度も確認のお電話をいただき

当日は準備万端整えバスの到着を待つばかりでした

 

いよいよその日息子がお迎えに行きましたが

お母さん時間になってもバスに誰も乗ってこないよ

それにうちのバスの後に○○○屋さんのバスが停まっているよ

これってヤバくない?

あれ?同じ位の人数の人達が○○○屋さんのバスに乗って行ったよ

 

教えて頂いた携帯電話には、何回かけても応答はありませんでした

 

以前にも、同じような被害を受けたけれど

前回はご高齢の方で電話のみの対応でしたから

仕方の無いことでしたし、間違いを知ったご家族の方が

お詫びと支払いに直ぐに来て下さいましたが

今回はそれっきり連絡はいただけませんでした

 

恐らくこのお集まりは幹事さんは別の方で

お電話を下さった方は八幡屋に予約をしているものと思い込み

親切でバスのお迎え先など細かに確認して下さったのだと思います

いざバスの迎え先に行ったら違うお店のバスが2台待っていた

 

あのお客様はそれを見て自分が間違って予約していないお店に

電話していたと気づかれたのか

気づかずに何だろう?八幡屋のバスも来ているなというかんじだったのか

 

もし気づかれていたとしたら、せっかく楽しみにしていた御食事会

食事が喉を通らなかったのではないでしょうか?

それにしてもどうしたらこういう事態を避けられるのかと

他のお店の方はどう対処されているのだろう?と思いました。

 

ただ、飲食店のドタキャンが問題になっている昨今

10年間で2回は少ない方だよと言われるかもしれませんね。

 

都内や、茨城だと水戸などでは

予約をしておいてお客様が来店せず大きなロスが出て

その結果閉店してしまうお店が結構ありますよという話を聞きました。

怖いです(´-`).。oO(・・・・・・・・・)・・

 

f:id:yahataya-k:20180309200648j:plain

f:id:yahataya-k:20180309200702j:plain